ペニスに敏感な鍛錬を保つ

多くの人は知っていて、常にスポーツに参加することは、男性的能力を改善することである。しかし、人は少ない鍛えペニスを知っていて、直接的な能力の効果がある、より直接。それは強健なペニス勃起させて、神経組織ともっと健康で、増加性交時の感度と感じて。

莖の方法は主に以下は以下のようにあります:

一種類、ペニス指圧法。人は弱い状態でも、半勃起や十分勃起状態、繰り返し持久に指でつまみを握りしめとリラックスポーズ)ペニスを強めることができて、陰莖神経血管などの活力を高め、有効性能力。

第2種、シャワー「マッサージ」のペニスを利用して。これは一番楽しんでいる方式だ。つまりノズルをぬるま湯からペニス濡れで先端や根(包皮の露出を亀頭)週囲数十回、強力な水圧ツボによる集中熱流れマッサージ、直接勃起の靭帯活躍支持と神経。冷熱の水の交互に局部シャワーの鍛錬方式の効果は良いですが、しかし、年老いた弱いものに適用しない。

第三種、て肛の運動を持ち。堅持して肛の運動を持ち、活躍協同ペニス勃起の盆底筋肉や靭帯強度、会陰部の血液循環を改善。

性交の第四種、性交。これも男が最も長いペニスを堅持する方式です。

前3種類の方式でペニスを鍛えて1日に1回を鍛えて、毎回数分から10数分まで続ける。もし時間が長すぎて、刺激が大きすぎて、かえって支持勃起の筋肉や神経もかなり疲れて、薪を抱いて火を消すことしかできなくて、甚だしきに至ってはによるペニス損傷。

From ペニス増大の体験談と口コミ, post ペニスに敏感な鍛錬を保つ